他塾にお通いのお母様方へ|中学受験塾 Act(アクト)にお任せください

中学受験塾Act
「私、勉強するの結構好きかも」と思える学び 「自ら学べる子ども」へ

「クラスを上がること、課題を終わらすことだけが目標に
なってしまっていませんか?」

〇中学受験の方法は一通りではありません。
それぞれの塾の方法が一通りなのです。
子どもは親や周りの大人たちの期待に応えようと一生懸命頑張るものです。
しかし、その環境や方法がその子とミスマッチであったらどうでしょうか。
我々としても、一生懸命頑張っているのに成果が望めない姿を見ることはとても残念です。
勉強は子ども自身が頑張るところですが、その子に合った効果ある勉強法の指導、環境を作ってあげることは大人である我々の重要な役割なのではないでしょうか。
わが子を受験させるとなると、どうしても客観視ができなくなります。それは仕方がないこと。
しかし、一度立ち止まり冷静に周りを見渡してみることも必要です。


では、少し考えてみましょう。


・受験をする動機をはっきりとお持ちですか?
なぜ受験をしたいのか、させたいのか。
ここがはっきりとしていれば、目指すべき受験の方法が見えてきます。
塾の選択も受験をする動機が明確であればミスマッチは起こりにくいです。

・自分の子どものタイプによって塾の選択をしていますか?
各塾が提案しているカリキュラムや課題に対する考え方は大きく異なります。
子どもたちにも様々なタイプがあるように、全ての子どもに合う塾は決してありません。
伸び悩んでいるお子さまの中には、このようなミスマッチが原因であることが多々あります。
このまま沢山課題をこなすことで本当にお子さまは伸びるのでしょうか?

・「中学受験は親の受験」に少しでも疑問は感じませんか?
親が無関心では困りますが、親が頑張る、というのも大変難しいことです。
まず、何のために頑張るのか。
多くのお母様は「子どものため」と答えることでしょう。
本当に今の頑張りが「子どものため」につながっているでしょうか。
また「子どものため」とは具体的にどうすることが理想でしょうか。
「自分(親)のため」になってはいませんか?
ここもまた、各塾によりお母様に求められるものは異なります。

・志望校の選択は子どもの将来につながっていますか?
偏差値表を見せられ、模試の偏差値と照らし合わせた進路指導をされていませんか。
その学校ははたしてお子さまの将来につながる選択になっているでしょうか。
志望校に対して、どこまで可能性や将来性を提案してもらえるのか、進路指導も塾により異なります。

・今の勉強に子どもが行き詰っていませんか?
以上のことを考えていくと、お子さまの学習が消化不良を起こしているご家庭もあるのではないのでしょうか。
前述の通り、受験の進め方は一通りではありません


「今のままで大丈夫??」
〇これは何も、転塾を勧めているわけではありません。
塾を信じるところも最後は必要であり、とても大事なことです。
ただ、毎年Actの転塾生による相談を受けていると、このミスマッチが原因であることに気づかされます。相談に来ていただけたお母様方はごく一部であり、さらに数多くのお母様は気づかれていないなか、試行錯誤しながら受験に向かっていくのが現状だと実感しております。
また、アクトの入塾生の特徴として、兄や姉は他塾で弟や妹がActを選択される家庭の割合が多いのです。
そこには、兄や姉の受験では親まかせだった、「あんなことやこんなこと」をActでは面倒みてもらえるという理由が多いようです。(その一つとして「過去問」の取り組みなどがあります。)
決してActが一番素晴らしいということでもありません。
Actに合う子、合わない子がいると思います。しかし、Actの門はいつでもだれにでも開かれています。
Actがどのような塾かご興味ある方はお気軽にお問い合わせください。

PageTop